薬剤師転職<薬局以外>ランキング

薬局以外の薬剤師TOP >> 薬局以外の薬剤師転職先 >> 倉庫への薬剤師転職

倉庫への薬剤師転職

倉庫会社で薬剤師が活躍できることを知っている人は、少ないかもしれません。倉庫会社ではどのような仕事をするのかというと、物流センターにおいて、化粧品や健康食品などの品質業務や、衛生管理業務、製品の薬事関連業務などが中心になります。他にも、取引先の企業の薬事折衝、各種分析の結果の資料作成なども仕事になります。このように、卸売販売業の管理薬剤師は、倉庫にある在庫管理の仕事が主になるでしょう。倉庫物流で薬剤を発送したり、保管したりする際に、医薬品管理者として薬剤師が必要になるため、とても重要な役割を担っているのです。調剤薬局などでは薬を調剤するのが主な仕事になりますが、倉庫会社での勤務では、それとはまた違うやりがいを見つけることができます。

さらに、倉庫で在庫管理をするだけでなく、業務仕事や電話での対応なども仕事の一部になります。またトラックに製品を積む際に、トラックの運転手が粗末に扱っているようであれば、それを注意する必要も出てくるでしょう。さらに保管管理が適切でないと判断した場合には、上層部に提言するという仕事もあります。このように一つの仕事だけでなく多岐にわたる業務に関わるため、様々な仕事をしてみたいという人におすすめできる職場です。ルーティーンワークではないため、新しい発見をしたり、繁忙期をこなしたりと働きがいがあるかもしれません。

このように倉庫内での仕事内容を簡単に紹介しましたが、まだまだ具体的にイメージしにくいという人もいるでしょう。そのような人におすすめなのが、薬剤師専門の転職エージェントに登録するという方法です。特にリクナビ薬剤師はキャリアコンサルタントの対応が丁寧なので、是非登録してみましょう。倉庫での薬剤師求人は求人数が少ないため、自分一人ではなかなか探すのは困難です。しかしリクナビ薬剤師に登録しておけば、希望を伝えるだけでキャリアコンサルタントが希望通りの求人を紹介してくれます。また倉庫内でどのような仕事をするのか、少し踏み込んで教えてもらうことができます。疑問や不安があれば、どのようなことでもキャリアコンサルタントに相談してみましょう。

転職する際には少しのコツが必要です。そしてタイミングも大切です。倉庫での薬剤師求人が出たら、すぐにキャリアコンサルタントに連絡を入れてもらうに伝えておきましょう。求人数自体が少ないため、求人が出たらすぐに応募すると良いでしょう。


Copyright (C) 2013-2017 薬剤師転職<薬局以外>ランキング All Rights Reserved.