薬剤師転職<薬局以外>ランキング

薬局以外の薬剤師TOP >> 薬局以外の薬剤師転職先 >> 商社への薬剤師転職

商社への薬剤師転職

薬剤師の資格を持っていると、商社にも勤務しやすくなります。商社というと、営業マンがいて文科系の人たちが勤めているようなイメージもありますが、管理薬剤師になると、商社への転職も可能になります。では実際に商社ではどのような仕事をするのかというと、支店の薬の管理、温度調整や在庫調整、返品などになります。また麻薬の管理やMSと呼ばれる営業や得意先からの質問に答えるという仕事もあります。商社で実際に薬剤師として働いている人の声としては、だんだんと慣れてきて質問にすぐに答えられるようになると、やりがいも感じやすくなるということです。

給与の面から見ると、管理薬剤師の場合は手当がつくため、他の営業よりは若干高めになり、さらにほとんどの商社で1年に1回昇給があるため、給与アップも狙うことができます。このように商社で働く場合、調剤薬局や病院勤務のように調剤の仕事や薬の服薬指導などの仕事とは異なり、患者とコミュニケーションを取る機会は、ほとんどありません。ただ、患者ではなく、営業や取引先とこまめに連絡を取ることもあるので、高いコミュニケーション能力は必要だと言えるでしょう。また質問に的確に答えられるようにしなくてはいけないので、常に向上心を持って勉強していく姿勢も大切になります。

ただ、商社では薬剤師本来の専門性は活かしきれないと感じる人もいるかもしれません。薬剤師というと、どうしても調剤業務がメインだと考えている人も多いでしょう。それでも商社において薬に携わることには変わりがないので、是非商社への転職にチャレンジしてみるのも良いかもしれません。自分が働きたい商社があれば別ですが、決まっていない場合は候補を探さなくてはいけません。しかし世の中の商社全てが薬剤師の募集をしているわけではなく、自分一人で探すのも限界があります。そのような際に便利なのが、薬剤師専門の転職エージェントです。

特にリクナビ薬剤師は豊富な求人を保有しているので、商社の求人にも強くなっています。薬剤師として転職を考えているのであれば、まずはリクナビ薬剤師に登録してみましょう。登録するとキャリアコンサルタントの手厚いサービスを受けることができます。また、実際に商社で薬剤師としてどのような仕事をするのかということも詳しく教えてもらうことができます。登録も利用も全て無料になっているので、便利に活用することが転職成功への近道です。


Copyright (C) 2013-2017 薬剤師転職<薬局以外>ランキング All Rights Reserved.