薬剤師転職<薬局以外>ランキング

薬局以外の薬剤師TOP >> 薬局以外の薬剤師転職先 >> 製薬企業への薬剤師転職

製薬企業への薬剤師転職

製薬会社で薬剤師として働く場合、MRと呼ばれる仕事に就く場合があります。MRとはどういった仕事をするのかというと、製薬企業が医療機関などに営業に行く際に、その商品である薬について専門的に情報を提供する仕事になります。皆さんがイメージするのは、調剤薬局などで薬の調剤を行なうことかもしれませんが、薬剤師の中でも製薬企業へ就職、転職する人は実は数多くいるのです。薬剤師という資格さえ持っていれば、多岐にわたる選択肢の中から自分のやりたい仕事へ就くことが可能です。

薬剤師のMRという仕事は、景気に左右されることなく、他の薬剤師よりも一般的には給与水準が高いというのが大きなメリットでしょう。そして生涯年収も高くなる傾向にあり、価格交渉がないということ、しっかりとしたビジネスマナーを身に付けることができるということ、製薬会社勤務になるので福利厚生が充実していることなどもメリットとして挙げられます。給与の面でいうと、派遣社員であっても年収は700万円程は見込まれ、正社員であれば1,000万円を軽く超える人もいます。仕事を選ぶ際に、給与だけで選ぶのは良くないですが、給与が高いというのは魅力的です。

このようにメリットが大きいMRという仕事ですが、もちろんデメリットもあります。それは、薬剤師としての専門性が活かしきれないということ、医師に対して気を遣い、接待のようなことをしなくてはいけないということ、自己管理能力が求められるということ、一度MRとして働くと調剤薬局や病院への転職が難しくなることなどです。MR職は営業職のため、薬剤師の資格を持たない文科系出身者が5割を占めています。薬剤師資格を保有しているMRの数はわずか1割にも満たないのです。このように薬剤師の資格がなくてもMRという仕事ができることから、その専門性が十分に活かすことができないというのが、この仕事のデメリットになります。

製薬会社のMRという仕事にはメリットとデメリットがありますが、それを知った上で製薬会社で働きたいと思ったのであれば、転職活動を行なってみましょう。薬剤師で転職活動を行なう際には、リクナビ薬剤師がおすすめです。登録すると希望を聞かれるので、製薬会社で働きたいという旨を伝えましょう。そうするとリクナビ薬剤師が保有していている求人の中からピックアップして紹介してもらうことができます。便利に活用すると強い味方になりますよ。


Copyright (C) 2013-2017 薬剤師転職<薬局以外>ランキング All Rights Reserved.