薬剤師転職<薬局以外>ランキング

薬局以外の薬剤師TOP >> 薬局以外の薬剤師転職先 >> 行政機関への薬剤師転職

行政機関への薬剤師転職

薬剤師の資格を活かして行政機関で働いてみたいと思っている人もいるでしょう。薬剤師が行政機関で働く場合、働き先としては保健所、研究機関、自衛官、麻薬取締官、薬事情報センターなどになります。また中央官庁であれば、厚生労働省などで働くことも可能でしょう。それぞれの部署では、水質検査や土壌、大気の汚染を調べる場合があります。その際に薬品を使うことがあるため、薬剤師が必要になるのです。こうした現場において、薬剤師は主導的な立場で業務にあたることができるため、やりがいを感じることもできるでしょう。

行政機関で働くメリットとしては、行政と名前が付くところで働くので、公務員の職種になり、その公務員の中で薬剤師にカテゴライズされ働くことになります。公務員というと、景気に左右されず、安定して給与をもらうことができるため、必然的に人気が集まります。薬剤師という資格さえ持っていれば、公務員として行政機関で働くこともできるということを覚えておきましょう。ただ、薬剤師の就職先として一般的には調剤薬局やドラッグストア、病院、クリニックなどがまだまだメジャーとなっており、行政機関で働く薬剤師はマイナーな部類になっています。

このように、行政機関で働きたいと思ってもマイナーなため、具体的にはどのような仕事なのか分からないという場合も多いでしょう。そして求人を一人で探すのも困難です。そのような際に便利なのが、薬剤師専門の転職エージェントです。特に求人数が多いリクナビ薬剤師に登録すれば、豊富な求人数の中から行政機関の求人も紹介してもらうことができるかもしれません。またその際に具体的にどのような仕事をするのかも一緒に教えてもらうこともできるでしょう。不安や疑問があれば、リクナビ薬剤師のキャリアコンサルタントに聞けば、答えてもらうことができます。

またリクナビ薬剤師と同時にチェックしておいた方が良いのが、各官庁や都道府県、市町村で作られているホームページです。そこで人員募集をしている場合もあり、薬剤師の募集が出る可能性もあります。定員人数に達すれば、その募集も削除されてしまうので、それらのホームページは頻繁に見るようにすると良いでしょう。転職活動には少しの工夫とコツが必要です。効率よく転職したいのであれば、リクナビ薬剤師と各ホームページのチェックを頻繁に行なうようにしましょう。転職はタイミングも大切になってきます。


Copyright (C) 2013-2017 薬剤師転職<薬局以外>ランキング All Rights Reserved.