薬剤師転職<薬局以外>ランキング

薬局以外の薬剤師TOP >> 薬局以外の薬剤師転職先 >> 食品メーカーへの薬剤師転職

食品メーカーへの薬剤師転職

薬剤師の職場として、食品メーカーがあります。食品メーカーへの薬剤師転職については、そもそもメーカーに勤務する薬剤師は少数派となっています。従って、求人の数も少なくなっていますが、その一方で人気があり、結果として競争率が高い就職先です。食品メーカーでの仕事内容は、例えば食物の安全性の確認、食品添加物の成分分析などがあります。この他、添加物の研究や調査も行います。また、食品の品質管理や味の研究も行います。人の健康に注目し、安全性を確保するのはある意味でわかりやすい作業ですが、その一方でおいしさというのは抽象的なものであり、それを科学的に分析していくのが薬剤師の役割となります。また、健康の他にも、食品の安全性は病気と関係が深いです。医療や薬の知識を活かして、アレルギーの原因となる原料を特定したり、生活習慣病を避けるための原料を研究したりといったことは、薬剤師にとって得意分野でしょう。

また、食品メーカーの中でも職場はいろいろあり、メーカーで味について研究する他、食品工場で品質管理の業務を行うこともありますし、あるいはメーカーで食品の企画開発を行うこともあります。このように見ていくと、求人も単に薬剤師や食品メーカーというカテゴリーに限らず、幅広いところを見ていく必要があります。転職を考える際には、転職サイトやコンサルタントに相談し、まずは薬剤師が食品関係の企業や職場で活躍できる求人を検索してもらうのがいいでしょう。

実際のところ、食品メーカーの薬剤師求人については、そのほとんどが非公開求人になっています。食品以外にも化粧品メーカーもありますが、こちらも同じく非公開求人が中心になっています。これには理由があり、まずは人気職種であること、さらにはメーカーにとっては非常に重要な部署であり、優秀な人材を確保しようという狙いがあります。味や品質の管理、研究・開発は、特に製品の売り上げに直接影響を与える部分だからです。

このように見ていくと、多くの人がこの職を希望して取り合いになっているようにイメージしてしまうかもしれませんが、採用側からすれば応募者の数に関係なく、研究開発のためのスキルや知識、経験を充分に得ている人だけ選びますので、実際の競争率はそれほど高くないとも言えます。まずはどのようなスキルや経験が必要か、そしてそれは自分にあるか、ないならばどうやって身につけるかを順番に考えていきましょう。


Copyright (C) 2013-2017 薬剤師転職<薬局以外>ランキング All Rights Reserved.