薬剤師転職<薬局以外>ランキング

薬局以外の薬剤師TOP >> 薬局以外の薬剤師転職先 >> 家電量販店への薬剤師転職

家電量販店への薬剤師転職

家電量販店への薬剤師転職について見ていくと、そもそも量販店で薬を売り始めたのは最近のことです。家電量販店はかつては家電製品だけ売っていましたが、家電製品がより身近なものになったこともあって、例えば日用品やお酒を一緒に売るところも出てきました。そして、そこからさらに進んで、医薬品の販売を始めているところも増えてきています。イメージとしては、家電量販店にドラックストアがくっついたようなものです。こうなると、販売のための薬剤師が必要ということで、最近は求人の数も急増してきています。基本的にドラッグストアのような営業形態なので、求人の特徴もそれに準ずるものと考えていいでしょう。

転職をする際に考えておきたいのは、どのような業務を行うかです。量販店の薬局では、主にOTC薬品を扱うことになります。また、薬だけに限らず、化粧品、サプリメントも一緒に扱うことになります。薬局や病院と比べると、客商売の面が強調されますので、接客や販売、あるいは経営についてスキルを身につけることができます。薬剤師の資格を生かしつつも、幅広い知識やスキルを身につけたい方には最適です。

また、勤務時間に自由が利くこと、待遇がいいことを理由に、量販店への転職を考える人も多いです。医薬品を扱う家電量販店は、現在のところ大手のチェーン店が多いです。そのために待遇が良く、例えばパートであっても時給2500円からスタートというところも珍しくありません。これは調剤薬局などと比べても高めの数字です。この他、チェーン店ということで、どの地域に住んでいても就業の可能性があります。同じ県内市内でも、場所を選べるというメリットも見逃せません。

一方で、転職をする際に気をつけることとして、土日祝日の休みを取得することは難しいと考えておきましょう。ドラッグストアと一緒で、土日はお客さんが最も来る日ですから、これは仕方ありません。医薬品のほか、幅広い日用品について販売の知識を身に付ける必要があります。その他、お客さんからの問い合わせへの応対も重要な業務です。ドラッグストア、あるいは小売店で働いた経験があればいいですが、ない場合はいきなり店を任せられるのは不安でしょう。この場合、研修制度がしっかりしている求人を選んだり、あるいはまずは週数回のパートから始めるという手もあります。新卒で入れば研修は必ずありますが、転職の場合はここをしっかり確認しておきましょう。


Copyright (C) 2013-2017 薬剤師転職<薬局以外>ランキング All Rights Reserved.