薬剤師転職<薬局以外>ランキング

薬局以外の薬剤師TOP >> 薬局以外の薬剤師転職先 >> 化粧品メーカーへの薬剤師転職

化粧品メーカーへの薬剤師転職

化粧品メーカーで働きたいと思っている薬剤師もいるでしょう。化粧品メーカー勤務を希望するのは主に女性の薬剤師に多くなっています。その理由は様々ですが、職場に女性が多く、沢山の人と一緒に働くことができるということ、高学歴女性に対する差別や妬みなどが少ないということ、職場の男性も美容に関心を持っているということ、結婚、出産後でも働きやすい環境が整っているということ、会社内で女性の立場が強いということなどが挙げられます。このように化粧品メーカーで働きたい薬剤師の数は多くなっており、最大の魅力はやはりやりがいがあるということでしょう。

調剤薬局や病院に勤務しているとどうしても指示された薬を患者に提供することだけが仕事になりますが、化粧品メーカーではより創造的で、オリジナリティーのある製品を作ることができます。そのようなオリジナルの製品が店頭に並び、お客様に手に取ってもらうことができるというのは、大きな喜びに繋がります。このような喜びを感じたいから、化粧品メーカーに勤めたいという薬剤師が増えているのだと考えられます。

ただ、化粧品メーカーで薬剤師として働きたいと思っても、求人を自分一人の力で探し出すのは大変です。一般の求人サイトや広報誌ではまず見つけることはできないでしょう。また、薬剤師専門の転職サイトをのぞいてみても、やはり化粧品メーカーでの薬剤師の求人はほとんど見つけることができません。ではどうしたら良いのかというと、薬剤師専門の転職エージェントに登録をして、紹介してもらうという方法があります。例えばリクナビ薬剤師であれば、公開されている求人はわずか25パーセントで、残りの75パーセントは非公開求人になっています。その非公開求人の中に化粧品メーカーの求人があるかもしれないので、紹介してもらえるまで粘り強く待ちましょう。

転職はタイミングが命とも言われています。化粧品メーカーの仕事は人気もあるため、公開すると募集が殺到する恐れがあり、非公開になっているケースもあるのです。そのような求人があったら、すぐに連絡をしてもらうようにキャリアコンサルタントに頼んでおくと良いでしょう。ほとんどが先着順で面接を行うため、募集があったらすぐに応募できるような心構えも大切な準備です。また面接では必ず志望動機も聞かれるため、なぜ化粧品メーカーで働きたいのか理由を明確にしておく準備も必要になってくるでしょう。


Copyright (C) 2013-2017 薬剤師転職<薬局以外>ランキング All Rights Reserved.