薬剤師転職<薬局以外>ランキング

薬局以外の薬剤師TOP >> 薬局以外の薬剤師転職先 >> メディカルコピーライターへの薬剤師転職

メディカルコピーライターへの薬剤師転職

薬剤師の職場は、病院、薬局、ドラッグストア以外にもたくさんあります。また、調剤や処方だけでなく、情報提供、営業、そしてライターという業務もあります。そのうち、メディカルコピーライターという職業があります。医療系の広告代理店でコピーライターの仕事をするものです。メディカルコピーライターはメディカルライターの一つであり、メディカルライターにはメディカルライティングという仕事もあります。簡単に説明をすると、どちらも医療情報、健康情報を文章にする仕事となっています。

まず、メディカルライティングについて見ていくと、医薬品や医療機器の開発段階から承認を得るまでの間に、必要となる書類や報告書の作成が主な仕事となります。医薬品の商品化の際には、省庁などの承認を得る必要があります。薬事法や各種の規定に沿って、専門知識を交えた書類を作成する必要があるために、高い専門性が求められます。より具体的な説明をすれば、例えば新薬を開発する際には治験を行います。その際に必要となる書類、報告書、論文といったものを作成していきます。ですから、研究職に近い面も持っています。医療や薬品に関する知識を深めたい人、興味がある人にはおすすめの仕事です。

一方、メディカルコピーライターは広告代理店勤務となります。メディカルライティングは事務的な部分が強かったですが、こちらは医薬品・医療機器の販売、広告、宣伝が主な役割です。その名前の通り、商品のキャッチコピーを作成することもあります。専門性はもちろん必要ですが、アイディアや想像力も問われる仕事です。例えば新薬発売の際に、専門雑誌への広告作成をするほか、パンフレットの制作も行います。さらに、たくさんの資料にあたる必要がありますので、数人で協力して短時間で一気に仕事を進める能力も問われます。

メディカルコピーライターへの薬剤師転職については、まずは求人情報を見つけることが肝心です。一般的な薬剤師の求人とは種類が異なるので、非公開求人、あるいは広告系の求人情報に掲載されている可能性もあります。転職サイトやコンサルタントを利用して、効率よく求人を探すのがいいでしょう。さらに人材の需給について言うと、需要は高いものの、まだまだ専門家の数が足りないこともあって、供給不足となっています。そのため、未経験でも高い待遇を受けることができます。コンサルタントと相談し、必要なスキルや知識を身につけておくのがいいです。


Copyright (C) 2013-2017 薬剤師転職<薬局以外>ランキング All Rights Reserved.