薬剤師転職<薬局以外>ランキング

薬局以外の薬剤師TOP >> 薬局以外の薬剤師転職先 >> コールセンターへの薬剤師転職

コールセンターへの薬剤師転職

コールセンターへの薬剤師転職について見ていくと、職場は製薬会社から小売店、病院まで様々あり、今後需要が高まっていくことが予想されます。コールセンターの業務は、例えば薬を手にした人が、薬について聞きたいことがあるときに対応するものです。薬の不具合、問題、意見といったものを受け取り、その情報を活かす目的があり、薬の製造元である製薬会社はもちろん、提供元が小売店ならば小売店で、病院ならば病院でそれぞれ対応することになります。

より具体的な業務を見ていくと、例えば製薬会社でのコールセンター勤務では、お客様相談室、相談センターと呼ばれるところに所属し、問い合わせへの対応をしていきます。薬剤師業界では特にDI業務、医薬品情報管理業務と呼ばれています。問い合わせをするのは製品を購入した人になりますが、そこには一般の消費者に加えて、医師、薬剤師も含まれます。素人の方から専門家の方まで対応するため、医薬品に関する知識は高いものが求められます。したがって、病院勤務の経験があれば素人の方とも専門家の方ともコミュニケーションをとる機会があるので、その経験が転職の際に生きてきます。

先ほども言いましたが、コールセンターでの求人数は今後増加していくと思われます。そのいい例として、例えばコンビニがあります。コンビニは薬局と連携した業務を初めており、薬剤師による問い合わせのサービスが開始されています。他にも、今後はドラッグストアで問い合わせ専門の部署を作ることも増えてくるでしょうし、家電量販店で医薬品を扱うところも増えてきており、そこにコールセンターを設置するのも自然な流れです。むしろ、コンビニやドラッグストア、家電量販店など、医療以外の現場に専門の知識をもった薬剤師がいることが求められてきます。製薬会社は別として、小売店などへの配属は比較的新しい分野ということになるので、求人情報を探す際には非公開求人に強い転職サイトを利用するといいでしょう。

DI業務の場合は、例えば病院内のDI室、製薬会社のコールセンターなどで働くことになります。コールセンターの求人の特徴として、正社員の他にも、パートとしての求人が多いことがあげられます。時給が高く、空いた時間を利用して働くことができるので、働きやすく人気があります。一方で、求人数はそれほど多くなく、専門知識も高いものが求められるので、一般的な薬剤師の求人と比べると少々ハードルは高いかもしれません。できるだけ多くの求人情報を見つけ、試しに一度パートで働いてみるのもいいでしょう。


Copyright (C) 2013-2017 薬剤師転職<薬局以外>ランキング All Rights Reserved.