薬剤師転職<薬局以外>ランキング

薬局以外の薬剤師TOP >> 薬局以外の薬剤師転職先 >> 動物病院への薬剤師転職

動物病院への薬剤師転職

薬剤師の就職先として、動物病院があります。動物病院への薬剤師転職については、まだまだその存在すら知っている人は少ないかもしれません。もともと動物病院では、獣医と動物看護師、場合によっては獣医だけですべての業務を行ってきました。多くの動物病院でも、薬の投与や処方は獣医が行っていることが多いです。しかしながら、例えば大規模な動物病院、あるいは大学病院の動物科などとなると、扱う動物の数が多くなってくるので、専門の薬剤師を採用し、業務を分担させています。

しかしながら、人間と同じく薬事法の改正によって、動物用の医薬品販売を行う場合でも薬剤師が必要になってきています。例えば、動物病院以外でも、ペット用品の店舗の管理者は薬剤師であることが規定され、その他でも薬剤師か登録販売者であることが規定されています。加えて、医薬品を提供する際に作用副作用などの説明をしっかりする必要があり、情報を提供について義務付けられるようになりました。動物病院でも同じく、治療や診察以外で、薬を受け取りに来たお客さんに対して、専門的な説明ができるスタッフの必要性が高まってきているのです。今後は、例えば町の小さな動物病院でも、薬剤師の求人を行うところが増えてくる可能性は高いです。

このように見ていくと、今から動物病院への薬剤師転職を考えてもいいですが、将来的な需要の高まりを見込んで、今から転職のための知識やスキルを高めることもおすすめとなります。実は、動物病院や販売店以外でも、動物を相手にする薬剤師の仕事はいくつかあります。例えば農水省の動物医薬品検査所といった国家機関もあります。また、今すぐ転職を希望する方でもそうでなくとも、動物は人間と違って、その種類によって体の構造も大きく異なります。そのため、医療や薬に対する知識も自然と幅広いものが必要になります。そのために、例えば動物医学のセミナーなどに参加、あるいは勉強会に参加するなどして、ある意味自主的に知識やスキルを高める必要があります。

このように、経験者が少なく、歴史も浅い分野では、個人で転職活動をすべて行うのではなく、転職サイトやコンサルタントを利用して、サポートを受けることが必須です。まずは求人がどれくらい存在するか、求人の条件はどのようなものか、これまでに動物病院への転職をした方の例はあるか、などといった情報を先に知ることです。その上で、採用までに何をすべきか考えていきましょう。


Copyright (C) 2013-2017 薬剤師転職<薬局以外>ランキング All Rights Reserved.