薬剤師転職<薬局以外>ランキング

薬局以外の薬剤師TOP >> 薬局以外の薬剤師転職先 >> 医療系広告代理店への薬剤師転職

医療系広告代理店への薬剤師転職

医療系広告代理店への薬剤師転職について見ていくと、企業で働くということになり、病院勤務や薬局勤務とは業務内容が大きく異なります。医療系広告代理店とは、医薬品のマーケティングを総合プロデュースする企業です。また、細かい業務分類を見ていくと、薬剤師としてはメディカルプランナー、あるいはメディカルライターという仕事になります。そして、お客さんは医療用医薬品を販売する製薬会社、あるいは医療機器やヘルスケア製品を製造販売するメーカーとなります。例えば薬剤師の活躍する場として、MRがありますが、MRは医薬品メーカーと病院の間での営業職になります。医療系広告代理店の場合は、医薬品メーカーの商品の宣伝広告を行うというわけです。

医療系広告代理店へ転職する際には、専門分野ということもあって、求められるスキルや経験をしっかり確認しておく必要があります。例えば医学や薬学分野の基礎知識はもちろん、宣伝広告をするということで創造力も重要です。また、マーケティングに関するスキルや経験も役立つでしょう。このために、薬剤師から転職する人もいれば、広告業界やその他医療業界から転職する人もいます。具体的に役立つ経験について見ていくと、例えば製薬企業に勤めていて、そこで研究・開発を経験していれば役立ちます。また、ヘルスケア業界での経験もいいでしょう。その他、医学や薬学の出版社に勤務している場合もその経験は役立ちます。

このように見ていくと、いきなり病院勤務や薬局勤務の方が転職するには、少々ハードルが高いように思います。薬局勤務ならば一度製薬会社などで経験を積み、その上でさらに転職をすることになるでしょう。いずれにしても、転職を成功させるには個人で行うのは限界があるので、転職サイトやコンサルタントの利用をおすすめします。

転職に役立つ知識として、メディカルプランナーについて説明していくと、医薬品のプロモーション戦略の立案となります。また、企画や資材の制作といった業務も行います。これは例えば、情報誌、学会記録集、製品パンフレット、といったものです。一方メディカルライターは、医学や薬学に関するコンテンツの編集・製作、管理を総合的に行います。学会の取材や編集、医師の講演内容、外国の文献の翻訳などが仕事になります。医療系広告代理店の中でも、おすすめの転職先は、歴史のある老舗企業です。そこで企画営業を行うと、様々な業務に関わることができます。


Copyright (C) 2013-2017 薬剤師転職<薬局以外>ランキング All Rights Reserved.