薬剤師転職<薬局以外>ランキング

薬局以外の薬剤師TOP >> エリア別の薬局以外の薬剤師求人 >> 東京

東京の薬局以外の薬剤師求人

東京では、非常に多くの薬剤師求人があります。そのため、地方に比べると求人を探すことは容易です。しかし、ひと口に薬剤師といってもさまざまで、薬局以外にもいろんな働き口があります。また、東京は薬剤師の年収が高い人と低い人にしっかり分かれるといわれています。

まず、薬剤師の求人は薬局やドラッグストアが全国的に多いですが、病院や診療所の薬剤師も目立ちます。病院勤務の薬剤師は調剤薬局で働くことが多いですが、医師の指示のもと薬の調剤を行います。他にも、服薬指導や薬歴管理も病院で働いている薬剤師の大切な業務になります。薬局やドラッグストアに次いで求人も多く、600万円以上の高年収が多いのも特徴です。また未経験の薬剤師を募集している病院も多く、転職にも適しているでしょう。診療所でも病院同様の業務内容になりますが、病院で働いている薬剤師と違うところはひとりひとりの患者と向き合う時間が長いということです。そのため、薬剤師としてのスキルは当然ながら、コミュニケーション能力も求められます。このように、薬剤師も働く場所によって求められる知識が異なります。東京には薬局やドラッグストアの求人が多い傾向にありますが、都心部を離れると病院や診療所などの薬剤師求人も多くあります。

ただ、先にも述べたように”年収の高低が激しい”のが東京です。たとえば調剤薬局の場合、年収の平均は380万円〜500万円。全国平均は400万円〜650万円といわれていますから、見るからに年収が低いことが分かります。特に23区は応募者が多いため、年収は低く設定されています。しかし都心部から少し離れた八王子や青梅市などになると応募者が一気に減るため、年収はグンとアップします。そのため、全国平均の400万円〜600万円で募集しているところも少なくないでしょう。薬剤師の数だけが増え、相応の年収を得られないのは転職するのも躊躇してしまいます。どうしても東京で薬剤師として働きたいという方は、都心部から離れた病院や診療所を選ぶことをオススメします。ちなみに、薬剤師の需要が低い地域になると年収600万円以上の求人もちらほら見かけますので、チェックしてみてください。

薬剤師の求人というと、どうしても薬局やドラッグストアを考えがちですが、東京のように都心部でない限り病院や診療所のほうが薬剤師としてのスキルアップがしやすいといわれています。実際、薬局から病院や診療所の薬剤師へ転職される方は少なくありません。また薬剤師としての資格も十分に活用できますから、求人を探している方はぜひ薬局以外で検討してみてください。


Copyright (C) 2013-2017 薬剤師転職<薬局以外>ランキング All Rights Reserved.