薬剤師転職<薬局以外>ランキング

薬局以外の薬剤師TOP >> エリア別の薬局以外の薬剤師求人 >> 宮城

宮城の薬局以外の薬剤師求人

宮城県には、薬剤師養成大学が2か所あり、薬剤師として働くまでしっかりサポートしてくれます。また平成26年度の宮城県医薬分業率は約80%。全国平均は約70%になりますから、非常に水準が高いといえます。ですから、非常にやりがいを感じることができるでしょう。

ただひと口に薬剤師といってもさまざまです。一般的に調剤薬局やドラッグストアで働く薬剤師が多いですが、病院や製薬会社などさまざまな働き口があります。要するに薬局以外の求人も充実しているということです。また年収も比較的高いことから、薬剤師として活躍するには十分条件が良いといえるでしょう。

とはいえ、どの地域でもバランス良く薬剤師がいるかといったらそうではありません。宮城県の中心部は仙台市です。薬剤師の多くは仙台市で勤務していることが多く、どうしても地域によって偏りがあります。そのため、仙台市以外では薬剤師が不足しがちになっています。しかし、薬剤師が不足しているということは、そのぶん好待遇も期待できますから、宮城県で薬剤師の求人を探すなら、仙台市以外で探してみるのが良いでしょう。大崎市や石巻市などは年収や時給も高くなりやすいといわれていますからオススメです。

ちなみに、宮城県には『私立東北薬科大学』『国立東北大学薬学部』の2つの薬科大学が存在します。全国的に薬学部がある大学は少ないといわれていますから、そのなかで2つの薬学部がある大学を保有している宮城県は積極的に薬剤師を育成していることが分かります。さらに、薬剤師の数は人口10万人に対し約170人。東北6県の中では薬剤師の多さは上位といえるでしょう。そういったことも、薬剤師求人が充実している理由になります。

求人を探すうえで気になるのが年収です。高年収か低年収かは、地域によって異なります。同じ薬剤師の求人でも、場所によって大差があるため、やはり求人を探すときはしっかりチェックしておきたいところです。まず、宮城県の薬剤師は比較的年収が高いといわれています。求人を見ても、他県よりも高年収であることが多く、最大年収は600万円以上。さらに都心部から離れると、より高年収の求人が多くなるといえるでしょう。もともと地方求人は、高年収や好待遇が多いといわれています。宮城県もそのひとつで、高年収や好待遇な求人が多いのもそのためです。そのうえ薬剤師求人が充実しており、薬剤師が活躍できる場がたくさんあります。ですから、薬剤師にとっては非常にメリットが多いといえるでしょう。年収アップで転職することも十分可能です。


Copyright (C) 2013-2017 薬剤師転職<薬局以外>ランキング All Rights Reserved.