薬剤師転職<薬局以外>ランキング

薬局以外の薬剤師TOP >> エリア別の薬局以外の薬剤師求人 >> 千葉

千葉の薬局以外の薬剤師求人

千葉県の薬剤師求人で、薬局以外はどれくらいあるのでしょうか?ひと口に薬剤師の求人といってもさまざまで、薬剤師に強い地域もあれば需要が少ないところもあります。せっかく『薬剤師としてスキルアップしたい!』と転職しても、選んだ地域が薬剤師に弱ければなかなかスキルアップが難しくなってしまいます。では、千葉県ではどうでしょうか?

結論からいいますと、薬剤師としての需要は高いといえます。これは、薬局やドラッグストアだけでなく病院や診療所などの薬剤師求人も充実していることになります。もともと千葉県には、病院が約290か所、一般診療所が約1,600か所存在します。各科も充実しており、それに対応するために医療関係の求人も多く行っています。そのため、薬剤師の求人も他県に比べると需要が高く多いといえるのでしょう。

さらに、千葉県では『認定実務実習指導薬剤師養成講習会』や『医療連携シンポジウム』なども開催し、積極的に薬剤師の育成に取り組んでいます。薬剤師が充実している地域は薬学部がある大学も全国的に見て多いといわれていますが、千葉県もまた千葉大学や日本大学などが存在します。そのうえ千葉県内に大学病院を抱えている大学の協力も得ていますから、薬剤師のレベルアップにも積極的です。

薬剤師の求人というと薬局やドラッグストアなどが主に挙げられますが、薬剤師の需要が高い地域では、病院や診療所の薬剤師も多く、バランスが取れています。千葉県もそのひとつで、やはり薬局やドラッグストア以外の求人が豊富。ただ船橋市や千葉市など都市部に集中しているため、どうしても他の地域になると薬剤師不足が目立ちます。

千葉県で薬剤師が多いといわれているのは、都市部が充足傾向にあるからです。ですから、求人で募集が多いのは桃子市や勝浦市などの都市部から少し離れたところがほとんどになります。積極的に募集をかけているので、都市部に比べると見つけやすいでしょう。また都市部以外の求人は年収アップや勤務日数の変更など、好待遇のところも多く融通が効くというメリットがあります。ですから、千葉県で薬局以外の薬剤師求人を探しているという方は、都市部以外から検索してみることをオススメします。

ちなみに年収は、都市部以外のほうが高く設定されていることが多いでしょう。これは千葉県に限ったことではありません。薬剤師が不足していることで、提示している給与額が都市部よりも高くなりやすいといわれています。


Copyright (C) 2013-2017 薬剤師転職<薬局以外>ランキング All Rights Reserved.